病院 原価計算システム HOMAS-Cloud

注:「HOMAS」は一般社団法人国立大学附属病院長会議事務局がその権利を有する登録商標です。
HOMAS-Cloud クラウド型原価計算システム

部門別、患者別など各種の原価計算や、ベンチマークによるポジション分析を実現します!

最適な原価計算運用を支援

手作業での転記ミスや適切でない配賦設定による分析結果の信憑性への不安も、弊社の実績に基づく原価計算システムにより精緻な数字を出すことができます。また各種取込データ作成の自動化や、標準配賦ルールの適用、配賦ルールの見える化により、最適な原価計算運用を支援します。

  • 精度が高く、説得性のある原価計算を実現

    配賦やルール等、詳細な設定により精度の高い原価計算を実現しています。また、病院会計準則に対応しており、国が出している各種ガイドラインにも沿ったシステムとなっています。

  • 現場の実態に沿った原価計算

    2004年から医療DWH専業ベンダーとして行ってきた実績を活かし、現場の実態に沿った計算方法を採用。ブラックボックスになりがちな配賦ルールは完全に「見える化」するため、院内の合意形成が行いやすい形での導入を可能にしています。

  • 各種取込データ作成の自動化による作業効率向上

    HOMAS-Cloudで利用する各種データ(DPC、医事会計、財務会計、人事給与、物流)はHOMAS-Cloud内の仕組みにて自動的にデータ作成を行います。毎月のデータ作成作業の大幅な削減を実現いたします。

自院分析手法の確立へ

システムをクラウド型で提供することにより、自院分析だけでなく複数の医療施設を管理するグループ、地方自治体、地域医療圏など、同グループ内でのベンチマークや、定型帳票の共有機能による分析手法の共有が実現できます。また、経営課題の「気づき」を得ることによる自院分析手法の確立を支援します。

  • ベンチマーク分析による経営課題の「気づき」を誘発

    全国データから自院の収支状況を確認し、自院のポジションと状況を把握することで、経営戦略立案の一助とすることができます。

  • 自院分析による経営課題の掘下げ⇒検証⇒シミュレーション⇒アクションへ

    自院(全体、部門別原価計算、DPC別原価計算、患者別原価計算)の損益分岐点分析により、自院の経営的な強み・弱みを把握できます。また、損益分岐シミュレーション機能により、明確な目標を設定し、改善に向けたアクションにつなげます。

  • 病院間の分析手法の共有を実現

    HOMAS2開発を含む病院原価計算の多数の導入実績を活かし、事例共有を含めたノウハウ提供をさせて頂きます。
    また各病院にて作成した定型帳票の共有をベンチマーク病院間で行うことができます。これによりグループ病院間での帳票の共有や横展開が可能になり、データ分析への知見の共有が実現できます。

配賦ルール等決定から稼働後まで、フォロー体制も万全

配賦ルール等決定支援やインターフェース作成支援、システム設定、操作教育などシステム稼働前のフォローはもちろん、現状把握調査やアウトプットの確認といったシステム稼働後のフォローまで、医療機関様に末永く使って頂ける体制を整えています。

原価計算データを病院経営意思決定の判断材料へ

病院様の経営における意思決定への判断材料として、信憑性の高い原価計算データをご活用いただけます。またデータ出力だけでなく、分析・運用まで、データを基に改善へのPDCAサイクルを継続的に回していくことができます。

ページトップ